人気ブログランキング |

<   2006年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

いつの間にか。

 ホームページランキングの仕様が変わっていて、内容の紹介文と共にトップページが公開される様になっていて、描いておいた絵が結構目立っている様だ。多少は効果があるんだろうか。
 別に順位が全てだと思っている訳ではないけれど(だったらもっと毎日がつがつ記事をUPしまくっている)。

 今後は夏以降も別の絵をTOPに置いとこうかな~^^。

 「夏の甲子園を彩った選手たち・似顔絵展」が出来ると良いのだが。それには清峰が出て来てまた勝って貰わんと。

 頼むよ君達。
by tokkey_0524zet | 2006-04-30 01:10 | インターネット | Trackback(1) | Comments(7)
 前日清峰をコールドで下した八重山商工がまたまたその恐るべきパワーを爆発させた。

 八重山商工(沖縄)= 403 020 161 17
 熊本工 (熊本)=   000 100 100 2
 【八】大嶺―友利【熊】前田、今村―橋本、志水【本塁打】羽地(八)、大嶺(八)、金城長(八)


 金城長靖・羽地達洋・大嶺祐太のクリーンアップがそれぞれ3ランと2ランをぶっ放し、相手のエラーもあったが東舟道、仲里、浦崎、新垣哲平選手らのタイムリーで合計17点。猛打炸裂。九州大会決勝戦の得点差「15」は大会新記録、得点「17」は大会タイ記録。
 投げては大嶺投手が14奪三振と八商工の力を十二分に出し切った勝利で九州チャンピオンに。
 ◆八重山商工が初優勝 大嶺14K◆
 ◆八重山商工・大勝で初V◆
 ◆八重山商工初優勝 春季九州高校野球決勝 熊本工を17―2で下す◆

 沖縄でもここ数年、「夏は中部商と沖縄尚学が交互に代表になっている」というジンクスがあるそうだ。
 これに従うと去年は沖縄尚学が出ているので今年は中部商が行く事になっている。
 
 4月15日に行われた夏の選手権大会の第1シードを決めるチャレンジマッチでは中部商が八重山商工を3-2で破っているので八重山にとっては最大の敵となりそうだ。
 〝島ンチュパワー〟でこのジンクスを打ち破って夏も是非出て来て欲しい。清峰と当たらない限り(まだ出ると決まった訳ではないがw)また応援するつもりでいるので。

   ↓野球好きな方もそうでない方も。
   ●ホームページランキング●
 追記:再びフーテンの翻訳人♪さんのところでご紹介して頂きました。どうもお世話様です。m(__)m
by tokkey_0524zet | 2006-04-28 15:59 | 高校野球 | Trackback(1) | Comments(3)
 ◆八重山商工・大嶺が清峰にリベンジ◆
 ◆高校野球春季九州大会 熊本工-八重山商工で決勝◆
 
 昨年秋季九州大会決勝で対戦し、春のセンバツ大会でも旋風を巻き起こした両チームが春季高校野球九州大会準決勝第2試合にて再びあいまみえた。

 一回表清峰の攻撃、大嶺投手が4連続四球を与えるなど押し出しで2点献上したところまで情報を得ていたのでこの調子なら勝てそうだな、と安心して外出したが帰宅して結果を知ってちょっと驚いた。
 2-9で7回コールド負けとは。

 清峰(長崎)=     200 000 0 2
 八重山商工(沖縄)=600 120 ×9
  (清)富尾-田辺(八)大嶺-友利

 一回裏の6点はエラー4つが絡んでいたそうで、清峰にしてはえらくお粗末。(スコアの詳細は分からないけれど。)

 結局この大会有迫投手は一度も登板しなかった。ある筋の情報によると有迫投手はセンバツでの疲労から肩に違和感があって、吉田監督は最初から「投げさせない」と決めていたらしい。

 国体、神宮大会で勝敗を半ば度外視して駒大苫小牧相手に有迫投手に投げさせたのと同様今大会も優勝狙いというより2番手・富尾投手がどれだけ成長出来るかが焦点で、エラー絡みで大量点を失ったとはいえ監督から合格点が出たそうだから一応目的は達せられたと考えていいだろう。こうなったら〝センバツ仲間〟八重山商工に是非とも優勝して貰いたい。
 有迫投手の状態も心配だが夏までには回復していて欲しいものだ。
 ◆清峰コールド負けにも富尾は夏への収穫◆

 あとヤクルトが久々に快勝した。この調子で明日からの阪神3連戦頑張って、ゲーム差を縮めていこ~。
 ○ヤクルト8-2中日●
 ◆ヤクルト15安打8得点で中日に快勝 連敗4で止める◆

   ↓野球好きな方もそうでない方も。
   ●ホームページランキング●
by tokkey_0524zet | 2006-04-27 22:18 | 高校野球 | Trackback(7) | Comments(7)

愛振る~。

 ◆広告自粛のCM枠、穴を埋めるのは誰か◆| Exciteニュース
 ◆アイフル全店を業務停止 金融庁、異例の厳重処分◆

 以前ここでティッシュ配りのバイトをしていて社員が顧客に電話をしている場面を見た事があるが、えらく強引で言い方がキツイなぁ、という印象があった。
 (社員の携帯着メロはあの「ど~する~、アイフル~♪」だったw。全員そうなんだろうか。)

 そういえば最近やけに公共広告機構のCMが多い気がしていた。
 チワワの「くぅ~ちゃん」の今後が気になる。(あと清水章吾 さんも・・・。)

    ↓気が向いたら一票を。
   ●ホームページランキング●
by tokkey_0524zet | 2006-04-22 08:12 | 時事問題 | Trackback(4) | Comments(8)
 内閣府ニュートラ運営事務局の「適性・適職診断」 をやってみた。
 結果は以下の通り。

More
by tokkey_0524zet | 2006-04-20 06:40 | インターネット | Trackback(3) | Comments(10)
by tokkey_0524zet | 2006-04-13 23:37 | 皆さぁ~ん | Trackback(8) | Comments(46)

予告しちゃうぞ★。

 「センバツで活躍した球児達・似顔絵展」。
 只今鋭意製作中。乞うご期待♪。

  ↓野球好きな方もそうでない方も。
  
by tokkey_0524zet | 2006-04-12 14:25 | 皆さぁ~ん | Trackback | Comments(9)
 センバツ準優勝した長崎・清峰高校が昨日5日、佐々町に凱旋帰郷した。

 ◆笑顔で学校に凱旋 “準V”清峰ナイン◆
 ◆「偉業」喜び合う サイン、記念撮影も◆
 ◆清峰凱旋、吉田監督「準Vすごいこと」◆
 決勝戦での試合ぶりには賛否両論あるだろう。特に大量リードされてから清峰に気の抜けた怠慢なプレーが目立った。

 「最後まで諦めずによく頑張った」という賛辞が散見されるが、これは褒め過ぎだと思う。恐らく地元の人達は記録的大敗については殆ど触れずに無条件に喜び出迎えた事かと。
 吉田監督の敗戦後のコメントも「まるで夢物語」と捉え様によっては現実逃避しているとも思える言い方でちょっとムッとした。

 決勝まで勝ち上がって来たのは紛れも無い現実ではなかったか。
 ◆清峰・吉田監督「いい勉強」◆

 確かに横浜の渡辺元智監督に比べると年齢的にも若く監督経験も浅くて百戦錬磨とまでは行かないが。
 せめて試合中、タイムを取ってマウンドに指示を出すとか選手を集めて言葉を掛けるとか少しでも雰囲気を変える工夫をして欲しかった。スルスルと試合が進んでしまっていて(特に清峰の攻撃は)、明らかに「早く終わらせたい」感が漂っていたので。
 選手達にも集中力が失われていてあの名手・広滝主将さえエラーしてたし。気迫が見られたのは一塁手ぐらい。

 ◆清峰、輝く準優勝 決勝で横浜に0-21◆
 ◆すべてにレベル高い横浜 清峰はそつのなさで準V◆
 こういう時こそ「策を施す」のが監督なんじゃないだろうか。同じ負けるにしても。

 ◆センバツ「清峰旋風」巻き起こした監督・コーチ◆
 ◆「力つけ戻る」雪辱誓う 清峰・田辺捕手◆
 ◆胸張れ清峰、準優勝 2、3回逸機、流れ戻せず◆
 一番良く分かっているのは本人達だと思うので、周囲の甘い褒め言葉に思い上がる事無く夏にはもう一回り大きくなって帰って来て欲しい。(そういう意味でも準優勝で終わって良かったと思う。)
  
 敢えてこういう事を書くのは清峰に限りない愛があるから。
 
 準優勝したのはやっぱりそれに相応しい実力があったからで、充分賞讃されて然るべきだと思う。(ある野球雑誌に「清峰のそれまでの健闘も決勝での大敗を帳消しにするには至らない」という主旨の文があって、これもムッとした。)
 「近年、春のセンバツ準優勝校、秋の九州大会優勝校は夏の大会に来れていない」というジンクスがあるらしい。
 でも清峰は「春夏連覇校のそれ以降の優勝はない」というこれまでのジンクスを打ち破っているので(マイナスな意味でw)、先例などものともせずまた快進撃を見せてくれる事だろう。
 
 あとヤクルトが巨人に3タテ喰らってしまいちょっぴりショック^^;(投手力が・・・)。次の広島戦で挽回を望む。
 ◆古田、采配に専念も…4連敗◆
 ◆巨人、逆転で4連勝◆

 この大事な時に帰国してる場合かリグス^^;。プロ野球選手ならもう少し計画的な子作りをしてくれ~~~w。
 ◆リグス、長男誕生で一時帰国◆

   ↓野球好きな方もそうでない方も。
   ●ホームページランキング●
 追記:井手らっきょさん、わざわざのコメントどうもです^^。
by tokkey_0524zet | 2006-04-06 22:12 | 高校野球 | Trackback(6) | Comments(15)
 ◆清峰胸張れ!長崎県勢初の準優勝◆
 ◆清峰の長崎県勢初Vはお預け◆
 ◆センバツ:横浜が21-0で清峰を降し8年ぶり3回目V◆

 やはり2、3回裏の攻撃が得点に結びつかなかったのが痛かった。
 あそこで点が入っていれば流れは随分変わっていたかも知れないが横浜の堅守に阻まれた。
 あと2回表、2死2、3塁から与えた死球。直後真ん中に入った球を二塁打され3点目。
 この辺りから有迫投手は崩れてしまった。

 横浜×八重山商工の2回戦で7点差を6点まで跳ね返しているので、6点はワンチャンスだと思っていた。
 乱打戦に持ち込めればと。
 でも清峰打線も何かこれまでは見逃していたボール球を打ち気にはやって振る様になっていて、相手の思う壺だった。

 決勝戦では清峰の悪い部分が一気に噴出してしまった感がある。これ以上詳細は述べまい。

【決勝】
 横浜(神奈川)=031 209 024 21
 清峰(長崎)=  000 000 000 0
  (横)川角、浦川-福田(清)有迫、富尾、有迫、佐々木伸-田辺、大田、内山


 決勝戦までの4試合は一つ一つが鮮烈な印象を与えてくれた。決して忘れない。
 これで「リベンジ」の目標がまた一つ増えた。夏に一段と逞しくなって甲子園に戻って来て欲しい。

 「強豪」清峰として。

   ↓野球好きな方もそうでない方も。
   ●ホームページランキング●
by tokkey_0524zet | 2006-04-04 16:23 | 高校野球 | Trackback(55) | Comments(16)
 何から語っていいやら。まずは第一試合。
 ◆横浜、岐阜城北を大差で降し3年ぶりに決勝進出◆
 ◆横浜が3年ぶり決勝進出、岐阜城北破る◆
 ◆岐阜城北藤田監督「胸張って」◆
 3回表のランニングホームランが痛かった。あれで流れが一気に横浜へ傾いてしまった。それまではほぼ互角の展開だったのが尾藤投手の中で何かが崩れた。さらに5連打され4点献上。

 岐阜城北は4回表、昨日先発の予定だった山下投手を尾藤投手に代えるが押し出し四球で1点。PLは3番手の種田投手からも連続四球&タイムリーで5点を奪う。
 終盤6、7、8回に4点返すも横浜9回表の1点が駄目押しとなった。

 同じ初出場と言っても清峰には昨夏、済美や愛工大名電の優勝校を破った経験がある。その差か。岐阜城北も智弁和歌山を倒してはいるけれども(夏は県大会予選、決勝で土岐商業に1-3で敗退している)。決勝で当たりたい好チームだった。

 【第1試合】
 横浜 (神奈川)= 005 600 001 12
 岐阜城北(岐阜)=000 001 120 4
 (横)川角、西嶋、落司、浦川-福田(岐) 尾藤、山下、種田、太田-水川 【本塁打】(横)白井1号


 ◆清峰がPLに快勝!長崎県勢初の決勝進出◆
 ◆清峰がPL学園に完封勝ち◆
 ◆清峰・有迫がPL完封、長崎県勢初の決勝進出◆ 
 正直負けるかと思っていた。ビデオを録画しておいてホントに良かった♪。永久保存版にしよ。

 清峰は2回表、PLの鉄壁の守備の僅かな綻びを衝いて1点先取。この辺りから前田投手のペースが少しずつ崩れ始めた。

 五回表には内野安打で出塁した池野選手を佐々木優選手がセンター前のタイムリーで返し1点追加。佐々田選手がこれを送って、広滝選手と佐々木伸選手のタイムリーで更に2点。リードは4点となる。

広滝キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

 (珍しく顔文字w。)
 センバツ大会、これまで不振だった広滝主将にようやくヒットが。それも重要な追加点。良かった良かった。
 さらにさらに7回表、2死二塁で4番・木原選手が前田投手の6球目、内角高めのストレートを強振。打球はあれよあれよとゆー間にレフトスタンドへ。

木原キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

 (また珍しく顔文字w。)今大会第14号の2点本塁打。 とどめじゃ。
 ここで前田投手が2番手・三宅投手と交代。遂に「桑田2世」をマウンドから降ろした。
 有迫投手はPL打線に対して「打たせて取るピッチング」。時々走者は出しても連打を浴びる事無く散発2安打に押さえ、2試合連続完封。出した四球は3。これ書いた奴、出て来~い(怒)。

 【第2試合】
 清峰(長崎)=   010 030 020 6
 PL学園 (大阪)=000 000 000 0
 (清)有迫-田辺(P)前田、三宅、冨田-仲谷【本塁打】(清)木原1号


 勝つにしてもこういうスコアになるとは予想外だった。東海大相模戦の様な接戦になるかなと。
 清峰はPL陣から合計12本ものヒット。ホームランをパカスカ打ちまくる「スター選手」こそ居ないが全員が好打者だ。

 清峰高校、野球部員・ブラスバンドの旅費・滞在費、応援などの経費が足りなくなってHPでお願いしてたぞ。
 公立高校の悲しさよ。まさか決勝まで行くとは思っていなかったかも知れないw。

 ・・・とうとうここまで来てしまった。相手は言わずと知れた横浜高校
 ◆センバツ決勝戦は横浜のV3か、初出場で初Vの清峰か◆
長崎県勢の決勝進出は春夏を通じて初めて。横浜は松坂大輔(現西武)を擁して春夏連覇した98年以来8年ぶり3回目の優勝を、清峰は初出場・初優勝を目指す。
 以下余談ながら。(これは「体験談」か?!w)

 ある野球のチャット部屋に入っていた時、横浜高校野球部OBを名乗る人物と話をした事がある。それもあの松坂大輔投手と同期。何でもベンチ入りは出来なかったらしい。
 本当の事なのかどうか確かめるすべは無いが内容にリアリティは感じられた。
 「自分は名門校の出身だ!」というエリート意識が若干鼻についたが話は面白く、横浜高校野球部の悪口が出るわ出るわ。耳を疑う様な話ばかり。

 会話の内容に関してここで書くのは敢えて自粛する^^;。でも松坂投手の事は「とても性格のいい奴」と褒めていた(←フォローw)。

 何にしてもあと一つ。横浜高校は2回戦を見ると、八重山商工打線が川角投手から12安打、浦川投手から2安打しているので打てない投手ではないと思う。少なくともPL・前田投手ほどの脅威は感じない。
 こうなったら八重山商工早実の仇も取って、紫紺の優勝旗を長崎の片田舎に持ち帰って欲しい。いつもの「清峰野球」が出来さえすれば、きっと大丈夫。

   ↓野球好きな方もそうでない方も。
   ●ホームページランキング●
by tokkey_0524zet | 2006-04-03 19:11 | 高校野球 | Trackback(33) | Comments(18)