馬耳Tong Poo


女に媚びる男は家畜だ。
by tokkey_0524zet
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
注意書き①
 ◆お名前がタイトルめいていたり等明らかに「捨てHN」と分かる方は速攻削除させて頂きますのでご了承を。(ここに書き込まれるコメントは全てIPが判る様になっているのでそれを晒します。)

 ◆よろしかったら一票を。
 面白いと思ったら↓クリックしてね。1日1回のみ。 
 ◆管理人へのメッセージ。
 漫画・イラスト・カット・似顔絵・雑文など、お仕事のご依頼はこちらへどうぞ。↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
 <メールフォーム>

 ◆プロフィール。
 ⇒⇒v(・◎・)v

「徳馬」のプロフィール

 ◆ブログ来訪者数。
忍者ツールズ

漫画家・絵描き
スポーツ
お気に入りブログ
外部リンク
記事ランキング
最新のコメント
(/・ω・)/
by tokkey_0524zet at 03:33
1xbet.com(ワン..
by 高 たかし at 05:40
(´・ω・`)
by tokkey_0524zet at 10:21
マキャベリ、思ったより浅..
by TANAKA at 14:07
コメント有難うございます..
by tokkey_0524zet at 17:12
こんにちは。まさしと申し..
by minami9904 at 16:55
どうもお久しぶりです^^..
by tokkey_0524zet at 15:16
ご無沙汰してます。 T..
by heitaroh at 14:21
海星は元々土谷投手がエー..
by tokkey_0524zet at 06:33
春田君が2回戦の4回くら..
by サッシー at 20:58
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新のトラックバック
日本vsベルギー
from FREE TIME
智弁和歌山と大阪桐蔭が決..
from FREE TIME
花咲徳栄が初優勝 埼玉県..
from FREE TIME
8月9日の行動録【午前の..
from ポロと旅する&あさちゃん。ス..
8月7日の行動録【羽田か..
from ポロと旅する&あさちゃん。ス..
大銀杏が最も似合う横綱(..
from ビーチサイドの人魚姫
元横綱・千代の富士死去
from FREE TIME
相模原の大量殺人
from 反戦塾
障害者施設「津久井やまゆ..
from ネット社会、その光と影を追うー
漆黒の闇に浮かぶ狂気。 ..
from ビーチサイドの人魚姫
タグ
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
(一応)著書。
05年熱闘甲子園歌。
忠様かっこええ~♡
ゲーム音楽の名作。
Myバイブル。
屁の百科全書。
綺麗事なぞ糞喰らえ。
クイーン最高傑作。
新感覚プロ野球漫画。
pop`n musicの名曲。
検索
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:イラスト( 3 )


江藤=ガンベッタ=商鞅。

c0017651_04080639.png
使用ソフト:CLIP STUDIO PAINT。
江藤に似た歴史上の人物。

レオン・ガンベッタ・・・1838~1882。19世紀フランスの政治家。元々は弁護士だったが進歩派・反帝政派の指導者として活躍。1870年、国防政府の成立とともに内相となり、ドイツ軍の囲むパリから気球で脱出、義勇兵を集めた事で有名。のち共和党党首・首相。

続く...
[PR]

by tokkey_0524zet | 2017-12-12 04:26 | イラスト | Trackback | Comments(0)

司馬凌海(島倉伊之助)。

c0017651_2101297.jpg
 司馬凌海【しば りょうかい、天保10年11月28日(1840年1月2日)~明治12年(1879年3月11日)】は、医学者・語学者。愛知医学校校長。佐渡島真野町新町(現:新潟県佐渡市真野新町)生まれ。凌海は通称。幼名、島倉伊之助。

 司馬遼太郎作「胡蝶の夢」の主人公の一人。
 「通じない言語は無い」と言われたほどの語学の天才であったが奇行が災いして不遇な生涯を送る。

 司馬作品屈指の基地外キャラ。

   ↓気が向いたらどぞ。
  
[PR]

by tokkey_0524zet | 2016-07-04 02:28 | イラスト | Trackback | Comments(0)

大隈重信と江藤新平。

c0017651_204040.png
 ベクター線画&水彩塗りと素材を使った背景、仕上げ処理の練習で。

 大隈重信が手にしているのは佐賀銘菓「丸ぼうろ」。

 明治29年に大隈が帰郷した際地元の和菓子屋に立ち寄り、茶菓として出された丸ぼうろを食したところ「他に類例少なき風味」と大層気に入り、その後東京でこの味を懐かしんでいると聞いた和菓子屋の主人が職人を伴って上京、大隈邸内で丸ぼうろを焼いて振舞ったとの逸話が伝わっている。(「鶴屋ブログ」より)

  ↓気が向いたらどぞ。

[PR]

by tokkey_0524zet | 2016-05-14 02:15 | イラスト | Trackback | Comments(0)