山口~佐賀~長崎紀行⑪。

 やって来ました「カピバラの聖地」
c0017651_13492535.jpg

 飼育頭数は多い時で34頭、「国内最多」を謳っていたが四国のとくしま動物園に抜かされる。(10年前は3頭だったのが現在59頭。何という繁殖力;゚Д゚。さすがネズミの仲間。)
 ただとくしま動物園は見られるスポットが限られていてふれあいや餌やりが出来ず、やはりそういう点で長崎バイオパークは聖地(実際にふれあい出来るのは十数頭)。



c0017651_13541783.jpg
 露天風呂。冬場はお湯を張ってカピバラ達が入る姿が名物となっているが今は空。長崎バイオパークは日本初の"カピバラの打たせ湯"で知られている。
c0017651_13551795.jpg
 「カピストーブ」(今はストーブ無し)の前でくつろぐカピバラ。時間帯が昼過ぎのせいか寝ている個体が多かった(飼育員によるご飯タイムは朝と夕方)。
c0017651_13574080.jpg
 間近で見ると毛がたわしみたいにゴワゴワしていて隙間に地肌が見えていて、なるほどこれなら温泉から上がっても水はけが良い訳だ。

 笹の餌やり。1本100円。
c0017651_14005298.jpg
 寝てる個体でも笹を近付けると起き上がって食べてくれる。
c0017651_14092696.jpg
 カピバラの足の裏。指の間に水かきがあるのは知っていたが踵にも肉球らしきものがあるのを初めて知った。

 生まれて初めての「カピ転がし」に挑戦。
c0017651_14444678.jpg
 脇腹やお尻、顎の下など撫でると気持ち良さに寝転がる。
c0017651_14460698.jpg
 自分の場合成功率は60%ぐらい^_^;。

  よ、今村(^o^)/。
c0017651_14480119.jpg
 入口の売店で購入した「カピバラうちわ」(380円)。
c0017651_14482485.jpg
3D仕様になっていて、角度を変えるとカピバラの向きも変わる。
c0017651_14484978.jpg

閉園時間ギリギリまで居たかったが、帰りのバスの時間の関係もあるので心を残しながらバイオパークを出て隣の「PAW」へ。

 ↓気が向いたらどぞ。
 

[PR]
by tokkey_0524zet | 2018-04-30 15:56 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sanaet0524.exblog.jp/tb/29465282
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 山口~佐賀~長崎紀行⑫。 山口~佐賀~長崎紀行⑩。 >>