山口~佐賀~長崎紀行⑥。

c0017651_00205566.jpg
 佐賀城本丸の案内板に従って幕末維新博覧会の会場へ。
 入場時に人数制限があって、入口で注意事項等の説明があった。
 中は暗くてステージが幾つかあって、係員の案内で数人が一グループで進む段取り。
c0017651_00215409.jpg
 映像技術はかなり凝っていて、パノラマ大画面でアニメーションを映し出したり、3D映像に実写を組み合わせて生身の人間がナレーションで登場したりと飽きさせない工夫。
c0017651_00230097.jpg

 やけに渋いアニメーションの江藤。



c0017651_00252837.jpg

c0017651_00264752.jpg
 大木喬任。
c0017651_00272315.jpg
 島義勇。
c0017651_00284439.jpg
 副島種臣の書。
c0017651_00290739.jpg
 著名人のメッセージ。はなわ。
c0017651_00303819.jpg
 映画「武士の家計簿」や「殿、利息でござる!」の原作者で歴史学者、磯田道史氏のメッセージ。
c0017651_00330221.jpg
 私のメッセージ。書いた後すぐにスクリーンに映し出された。
 幕末期、“日本最高の科学技術国”だった佐賀の面目躍如たる博覧会だった。
 この後「鶴屋菓子舗」へ。

   ↓気が向いたらどぞ。
  

[PR]
トラックバックURL : https://sanaet0524.exblog.jp/tb/29454302
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by tokkey_0524zet | 2018-04-25 00:51 | 旅行 | Trackback | Comments(0)