人気ブログランキング |
2017年 01月 09日

福島の「大久保神社」。

 遅ればせながら謹賀新年

 福島県郡山市安積町に大久保利通を祀った神社があるというので初詣に行ってみた。
 “福島人は薩長を嫌っている”イメージがあって、その福島県に大久保の神社があるのが意外で興味を持ったので。
c0017651_40214.jpg
 ネットで下調べしたにも関わらず場所が分からなくて、スマホの地図アプリを見ながら彷徨っていたが安積公民館牛庭分館敷地内にある事が判明。
 「神社」といっても実際には鳥居や社殿はなくて顕彰碑が建っているのみであった(一応手は合わせた)。
c0017651_415992.jpg
 郡山は明治時代に他県から開拓に来た人間が多くて、この「神社」も旧松山藩士が建てたもの。
 大久保利通は廃藩置県で失業した士族の救済の為、安積原野の開拓事業と猪苗代湖からの水路掘削などの調査を命じている。



c0017651_43271.jpg
 毎年9月1日にはここで「大久保様の水祭り」が開かれるそうで、開拓民にとって大久保は守り神であった。

 江藤新平を「佐賀の役」の首謀者に仕立て上げて私怨から殺してしまった経緯についてはどう贔屓目に見てもいただけないし許せないが、こういう公共事業に関しては薩長も賊軍も無く私財を投じてまで国家の発展に尽くした点は評価している。

 あと、郡山駅で購入した「東北復興弁当」(1150円)を帰りの新幹線の中で食べたが東北6県(青森・岩手・秋田・宮城・福島)の名産品が入っていて美味しかった。
c0017651_433722.jpg
 個人的には岩手県産”佐助豚”焼肉のおかずが好きかな(^^)。
 
   ↓気が向いたらどぞ。
  

by tokkey_0524zet | 2017-01-09 04:36 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sanaet0524.exblog.jp/tb/26303792
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 初代ラドン夫妻の最期。      島根女子大生バラバラ殺人事件“... >>