浴衣の季節だニィ~。(「浴衣デー」の思い出。)

c0017651_115133.jpg

 物心ついた時から〝浴衣〟なるものを着た覚えが無い。

 もしかしたら幼少時に着せられた事があるのかも知れないが、少なくとも「お年頃」になってからは着ていない。買おうと思ってもそんな余裕無いし。

 浴衣で思い出すのは、ホステスのバイトをしていた頃。





(部屋にエアコンが無くて買う為にやったんだす。当時はエアコンって高価な物だった。短期間でまとまったお金が欲しくて。都内の外れの店だったが時給2000円。)

 七夕にちなんで「浴衣デー」なるものがあって、クラブのマネージャーから「浴衣持ってる女の子は着て来る様に」とのお達しがあったのだが私は浴衣持ってなくて、当日女の子の大半が色とりどりの浴衣姿の中自分は平服で(自分としては精一杯の一張羅だったのだが)惨めな気持ちになったのを覚えている。

 バイトをした期間こそ短かったが強烈な出来事が多かった。十数年後の今でも思い出は沢山ある。思い出したくない事ばかりなのだがそういうのに限って鮮明に覚えていたりする。

 中でも一生忘れられないのが、同僚のホステスに泥棒猫呼ばわりされて殴られそうになった事。(友人に話したら「まるで大昔の銀座の話の様だ」と言われたが、でも本当に自分の20代の頃の話なんで。)

別にそのお客を私が寝取ったとかいう艶っぽい話ではなくて、センター(=よくTVドラマ等で「○○さん、何番テーブルについて~」とかマイクで言うあれ)の指示不徹底によるもの。

私がヘルプで彼女に指名が付いていて、指名の女の子はお客さんがステージに上がってカラオケを歌っている間じゅうそばに立って合いの手を入れたりおしぼりを渡したり色々面倒を見る決まりになっていた。

それを知らずにステージについて行ってしまったのを彼女に腕を引っつかまれトイレの前まで連れて行かれて、

「こんな事してたらねぇ、この世界では〝仁義知らず〟って言われてやってゆけないよ!!」

とこつ゛かれながら詰め寄られたので、センターのミスだというのを筋道立てて説明すれば良かったのだが、相手の剣幕が激し過ぎたのと当時の自分が若くて幼かったのとで冷静な対処が出来ず。ひたすら謝る事でしかその場を収める事が出来なかった。

部屋に帰ってから悔しさがこみ上げてきてしばらく号泣。二度とやりたくないと思った。

(でも本当にお金に困ったらまたやる、というのもあり得る。たまーに駅前とかでスカウトされるしなぁ。ちょっとましな格好をしている時だけw。今だと熟女パブになるんだろーか・・・微妙なところだ^^;。)

 同時期に生命保険の勧誘も少々やった事があるのだが(試験を受けて〝研修費〟を貰うのが目的だったw)、水商売と保険はちょっと似ている、と思った。

両方とも少しかじった程度で、「深淵を覗いた」というところまでは行かないんだけれども。

保険って「女のしたたかさ」が武器、とでも言うんだろうか。(実際に〝体を張って〟契約を取ってた人が同じ営業所にいた。)

水商売は「女の若さ」が武器だけど(店の方針にもよりけり。とにかく若い女の子が沢山いるのが売りの店だった)。同じ店に公称23歳としていたのがお客と話しているうちについうっかり実は29歳だというのを喋ってしまい、

「お前そんなババアだったのか!!!」

と笑われからかわれて泣きながらそのまま店を飛び出してしまい、後日お給料だけ取りに来ていた人がいた。

29歳でババアは酷いと思うのだが、お客が〝若さ〟を求めているのであればそれがそこの「基準」なのであろう。(私も2歳くらい、サバ読んでたしw。)

 あと生命保険だと、全ての営業所に上位成績者の名前を貼りだしてご褒美に幾らかの報奨金を渡したりするのだが(でも保険の契約金額に比べると微々たるもの)、水商売でも私が入ってた所はチェーン店で同様に上位成績者を表に貼りだしていて、上位から3名は海外旅行をプレゼントされたりしていた。

(同じ店に〝全店ナンバーワン〟の人がいて、何回も海外へ行ったりしていた。当時で月収100万。銀座ならもっと稼げる、と言われていた。私とそんなに年は違わないのに・・・。)

 いずれにしても自分に向いている仕事とは思えなかったが、その頃はとにかくお金が欲しくて「好き嫌い」とか「向き不向き」などと贅沢を言っていられる場合ではなかったので。

  ↓気が向いたらどぞ。
  
[PR]
トラックバックURL : https://sanaet0524.exblog.jp/tb/2398420
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from それ!行け!ゆうすけ日記 at 2005-08-02 21:47
タイトル : 夏の一枚!!
山に行ってきました。 んで自信の一枚を撮ってきました。[:見る:] 天然の山百合でございます。 結構渋い一枚ではないかな!? どうですか!? 汗びっしょになって山登りして疲れた[:ジョギング:] ナイスショットだと思った人は ブログの輪〜友達100人出来るかな!?〜登録してね! ロリポップ! ===宣伝広告=== 登録無料! [:GO!:]人気blogランキングへ[:GO!:] ==========... more
Commented by huttonde at 2005-07-31 14:19
俺、銭無くてもホストにはならない。なれない。
皆が明るく騒いでると気が滅入る。
シンミリしてるとウキウキしてくる。
客商売より地味な裏方に向いてる。

徳島さんは強気なやつと推測される。
わが姉貴のような人でありませんように(´人`)
Commented by urethritis at 2005-07-31 16:16
保険屋の営業は経験あるあるよ♪(マジ)
Commented by tokkey_0524zet at 2005-07-31 23:30
>huttondeさん
 強気と言うか何というか・・・自分でもかなり「頑固」なのは認めていますがw。

>urethritisさん
 保険の仕事は殆どやらない内に辞めてしまったんですが、研修でいくばくかの知識を得たのは決して無駄ではなかったと思っています。(それまで生命保険の仕組みなんて、よく分かっていなかったし。)
Commented by 銀座男 at 2005-08-01 00:01 x
はじめまして、楽しく読ませて頂きました。
今度私たちのサイトに来て頂いて気に入って頂けましたら相互リンクしませんか?
私のサイトの紹介させて頂きますと
銀座に関する日々の情報を銀座で働く、
     私たちが皆様にお伝えするブログです。

      http://blog.livedoor.jp/ginza2000/

  銀座の情報は、沢山メディアや本などで紹介されてきましたが、このブログでは、これまで紹介できなかったもの(ホステスの給料、システム、裏情報など)やリアルタイムな情報(レストラン、カフェ、ブランド店、クラブ、キャバクラのオープン、リニューアルなど)を随時更新していきます。
是非ご検討下さい。
Commented by tokkey_0524zet at 2005-08-01 00:20
?サイト開けないんですけど・・・。
Commented by huttonde at 2005-08-01 01:38
tokkey氏、勧誘されるの巻(^Д^)
Commented by caramel-chan at 2005-08-01 06:03
┌|≧∇≦|┘ おなか抱えて、笑えます。Hit!です(笑)
Commented by ぱんだ at 2005-08-01 13:56 x
ほっほーいろんなことがあるんでございますな。
若き日のよき(?)思い出?
Commented by tokkey_0524zet at 2005-08-01 17:29
>caramel-chanさん
 それは良かった^^。

>ぱんださん
 あんまし〝良く〟はないですね・・・。
Commented by taizann at 2005-08-01 20:31
いろいろ経験され、人生経験が豊富なのは
損にはならないでしょう。
女を武器にしてはきつい世界ですね。
Commented by tokkey_0524zet at 2005-08-01 21:54
 誰の言葉だったか忘れましたが「人生、無駄な事など一つも無い」。

その時は〝無駄〟としか思えなくても後になって「あの事にはこういう意味があったのか」と気付いたりするんですよね。
Commented by g-day5 at 2005-08-04 22:11
私も新宿の某高級クラブでホステスの体験バイトをした経験があります。もっとも、お客さんと大学ラグビーの話題で他のお客さんを巻き込むほど盛り上がってしまい、古株に「私たち、ちょっとあなたについていけない」と引導を渡されてしまいました。その後、帰りの山手線ホームで大学の先輩と偶然会い、このことを話すと駅を出て飲み屋に連れていかれ、延々と説教されました。その先輩には感謝してますけども、ね。
Commented by g-day5 at 2005-08-04 22:15
そのころ私は大学4年で、周囲が次々と就職先が決まっていく中で、自分はどう生きていくのか、全然見えていなかったのです。そのころは「結婚」が目の前にちらついており、女の幸せってなんなんだ、と青臭いことを(笑)。まあいいやなんでも首を突っ込んでやれ、と半ばやけくそで足を踏み入れたのでした。
すみません、ついなつかしくなり、長文になってしまいました。
Commented by tokkey_0524zet at 2005-08-04 22:16
 たまたまお客さんが阪神ファンだったので、野球の話題で盛り上がってたら周りから「変わってるね~」と引かれてしまった事がありました^^;。

 やっぱり女社会だと浮くタイプなんですねぇ。
Commented by capricciosam at 2005-08-06 07:31
>お客が〝若さ〟を求めているのであればそれがそこの「基準」なので   あろう
 そうなんでしょうね。客商売での画一化された「若さ」故なんですね。で  も、私のようなシニアには29歳でもまぶしいものです。若さの定義はい ろいろできるのでしょうが、若さ=年齢と単純化すれば低い年齢にはか ないません。でもウルマンのいう「心の若さ」ととらえると、どんな歳でも それ相応に楽しめるとは思うのですが、客商売では難しいでしょうね。
 
Commented by tokkey_0524zet at 2005-08-08 21:53
 アイドルじゃあるまいし、「如何に年齢的に若いか」なんて追求してゆくときりが無い。

 「若さ」って何なんでしょうね、いい意味も悪い意味もあると思いますが。10代なのに「若さが足りない」人もいれば、お年を召していてもエネルギッシュな方もいますし。

 私も精神的には〝若い〟(幼い?!)つもりでいるんですがw。
by tokkey_0524zet | 2005-07-31 01:23 | 体験談 | Trackback(1) | Comments(16)