「手塚治虫のブッダ いかにして救われるか 実践講座」を読む。

 オリジナルの「ブッダ」は全14巻あって、テーマが宗教とあってこれを全巻読破する気力は自分には無いのでダイジェスト版で。

 「手塚治虫のブッダ いかにして救われるか 実践講座」(光文社智恵の森文庫刊)
c0017651_227843.jpg
 内容は「ブッダ」の名場面集&名言の解説といった構成。

 仏教では僧になった者も信者も共通して守らなければいけなかった戒めが「五戒」で、



(1) 不殺生戒・・・文字通り、殺生をしてはならないという事。ただし、同じく不殺生を戒めとした旧約聖書の中の“モーゼの十戒”では殺してはならないものは人間とされているのに対し、仏教においては“生きとし生けるもの”全てを殺してはならないとなっている。
(2) 不邪淫戒・・・在家信者には正式な夫婦における性交は認められていたが、出家者のそれはかたく禁止されていた。
(3) 不偸盗戒・・・説明するまでもなく、盗みを働いてはならぬという事。
(4) 不妄語戒・・・嘘をついてはならないという戒め。
(5) 不飲酒戒・・・これも言葉通り飲酒を禁止するものであるが、ブッダはアルコールそのものではなく酒を飲んだ人間が犯しがちな様々な失敗や悪行を避けるためにこの戒めを作った。
 
無理っす(=◇=;)。煩悩があり過ぎて。

 ただこの一節だけは心に残った。

<見返りを求めない>
 我々はつい、こちらがこれだけの事をしたのだから、相手も当然それに見合った事を返してくれるだろうと期待してしまったり、その自らの行為に自己満足してしまったりしがちである。
 
 また、はじめは純粋な善意で始めた事であっても、いつしか偽善とすり替わっていたりする事もある。
 ・・・全くもってそのとーり。

 “中途半端で底の浅い博愛主義”を振り撒いてきては自己満足に浸ってるだけの「自称・善人」が自分の周りに結構いたので。

  ↓気が向いたらどぞ。
  
[PR]
トラックバックURL : https://sanaet0524.exblog.jp/tb/23545172
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 6315x at 2015-02-22 05:51
日本のODAが頭に浮かびました(^_^;)
現在は中国もアフリカ諸国に
似たような事をやってますが
恩を売る感が強いですよね(>_<)
ブッダ・ムハンマド・キリスト
様々な人の手を経て
自らの論理が変容していった様をどう思うか
尋ねてみたい気がします(-_-)
Commented by tokkey_0524zet at 2015-02-22 08:44
孔子も「巧言令色(こうげんれいしょく)鮮(すく)なし仁(じん)」(=心にもないお世辞を言ったり、自分を偽ったりする者に他人に誠実な者は少ない。)
とか良い事言ってるんですが、その子孫は王宮でのさばって孔子の精神からかけ離れてしまってますね^^;。
古今東西に関わらずその始祖は偉大でも、年を経て派閥が出来て利害関係が生じてくるとろくな事にならないです。
Commented by 6315x at 2015-03-01 19:29
無償の愛というと
遠藤周作の「おバカさん」を
思い出します(?_?)
?ばかりなのは
子供の頃、少年漫画誌で読んだせいで
宣教師が主人公だったように
記憶しています(^_^;)
Commented by tokkey_0524zet at 2015-03-02 02:40
遠藤周作の作品はメジャーな物は一通り読みましたが(「沈黙」「侍」「海と毒薬」「白い人、黄色い人」「女の一生」等々)「おバカさん」は未読でした(^^ゞ。
少年漫画誌とはマガジンとかチャンピオン辺りでしょうか?昔は結構偉人伝や小説の漫画化もやっていた様ですが。
Commented by 6315x at 2015-03-10 00:04
少年ジャンプではなかったような気が…(^_^;)
狐狸庵先生だったかな('_')
違いがわかる男のCMは、よく覚えています(^o^)
Commented by tokkey_0524zet at 2015-03-10 01:23
西彼杵郡外海町(現長崎市東出津町~「沈黙」の舞台~)の「遠藤周作文学館」に行った事があります。
(昼食は文学館内の食堂で「ド・口さまそうめん」を食べました。)

遠藤周作は東京生まれにも拘らず作中の長崎弁が極めてナチュラルで正確なのに驚かされたものです。

遠藤の父・常久氏も同人誌作家で「白水甲二」なる筆名で『きりしたん大名 大友宗麟』という作品を遺してるんだとか。

2008年のネスカフェのCMは合成映像で唐沢寿明と共演してましたね^^。
by tokkey_0524zet | 2015-02-21 02:45 | 心に残る言葉 | Trackback | Comments(6)