人気ブログランキング |

・・・どうかと思う。

 惚れていた時には必死に〝媚びて〟おきながら、相手にされないと分かるや途端に手の平を返した様に「あら探し」をして来るのはやめてくれぇ~~~。

「性格のここが悪い」とか「ルックスのここがお粗末」とか。相手にされておれば多少の欠点には目をつぶってる筈で、出て来ない論理なんだよね。

自分をみじめにしたくなくて、正当化しようとしてるのが見え見え。

己自身に相手を惹きつけるだけの魅力が無かったからだと、素直に認めりゃいいものを。

イソップ物語の「狐と葡萄」 の話と同じだ。

   ↓気が向いたらどぞ。
  
トラックバックURL : https://sanaet0524.exblog.jp/tb/1346397
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by dragonfly at 2005-04-02 14:25 x
こんにちわ。

以前TBしていただいたのに、気付く事ができずコメントが、遅くなり申し訳ありませんでした。山田かまちは、自分が迷って時や、悩んだ時にいつも目にする詩集です。いろいろ考えさせられます。


・・・
そうですね。人間関係だとよく自分もがっかりさせられたりします。こっちは対応を変える気はないのに・・・。
でも一方で自分自身も気をつけなければいけないなぁとよく思います。

これからもよろしくおねがいします。
Commented by tokkey_0524zet at 2005-04-02 21:22
いえいえ、こちらこそ。

私も青かった頃には自覚のないまま「あら探し」をしてた口ですが、最近は泰然自若としています。相手が何者だろうが自分は自分、という感じにやっとなれて来たかな。
by tokkey_0524zet | 2005-04-02 01:27 | エッセイらしきもの | Trackback | Comments(2)