誰の言葉だったかは、忘れた。

 「言葉を必要としない関係」は確かに存在するが、そこに至るまでにはやはり膨大な〝言葉〟を必要とする。

 自分にとって「大前提」である事が、他者にとってはそうではない場合もある。

 「そんな事、言わなくても当然分かってくれてるだろうと思っていたのに・・・」と言われた事がある。「阿吽の呼吸」という奴だ。

 私はどうもそういう〝空気〟がわからない傾向がある。敢えて〝空気を読まない〟時もあるが。むしろついポロッと「本当の事」を言ってしまい、一瞬周りの空気を凍りつかせるのが得意だったりするw。

 相手からすれば私は異星人の様に思われていたかも知れない^^;。でもそれはやっぱり、言葉に対する〝怠慢〟なんではないだろうか。「分かってくれない!」「理解していない!」と被害者面して叫ぶ前に、分からせる努力は必要なのではないだろうか。

 「大前提」を「常識」と言い換えてもいい。基準は人それぞれなのだから。

↓気が向いたらどぞ。

[PR]

by tokkey_0524zet | 2005-03-31 00:06 | 心に残る言葉 | Trackback(3) | Comments(4)

トラックバックURL : https://sanaet0524.exblog.jp/tb/1321231
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from キキの視点 at 2005-10-13 00:13
タイトル : そこに至るまで。
自分がベストなタイミングでベストな発言が出来ているかどうか、 自信が無く悩んでしまう事が、たまにあります。 他の人が提供して下さっている「場」で発言する時や、 メールに返事を書く時。 でも、悩むのは大概、 書いちゃってから、言っちゃってからなんですが{/hiyoko_cloud/} 使う側に悪意が無くても、 言葉は相手を傷つけ、怒らせる武器にもなる物。 私にとってはトラブルの元でした。 その使い方の難しい「言葉」ですが、 私が発した言葉に、喜んでくれた人がいて、 自分の「言葉」でも、そう...... more
Tracked from 平太郎独白録 親愛なるア.. at 2007-03-03 15:39
タイトル : 奇行は創造性の発露
親愛なるアッティクスへ (←昨日は、ここにいました。めんちゃんこです。めちゃんこではありません。つまり、麺ちゃんこ・・・なんです。昔は、福岡の西に一軒だけしかなかったのに、最近では、中洲を始め、確か、ニューヨークにもあるとか聞いたような。なんだか有り難味がなくなってたような(笑)。) で、最近、うちの次男坊も野球なんて全くわからないくせに、福岡ソフトバンク・ホークスを見に行きたい!って言い出しました・・・。 で、何度か連れて行きましたが、やはり、退屈・・・するんです。 まあ、さもありなんで...... more
Tracked from 飲むならとことん飲んどけ.. at 2007-12-19 08:52
タイトル : ことばの痛み
正直なところ、ことしが公私にわたってこれほど騒がしく、忙しくなるとは考えてもみなかったのである。 精神面でも体力面でもかなりきつかった。 来年はどうなるだろう。ここのところじっくりゆっくり仕事を進めつつ、年明け以降のスケジュールを思いめぐらせている。 どこに軸足を置くか。仕事のひとつひとつを考えながら、無理のない進行イメージを頭の中で膨らませている。これは、実践してきたからできること。一度大変な思いをしないとわからないことだ。 なんでも一度はやってみるもんだ。わたしはあほだから、そういう生き方...... more
Commented by キキ at 2005-10-13 00:21 x
コメントとTB、ありがとうございます。

「言葉を必要としない関係」は確かに存在するが、そこに至るまでにはやはり膨大な〝言葉〟を必要とする。

思わず頷いて唸ってしまう言葉です。

「分からせる努力」「分かってあげる努力」、私はしているだろうか?
「分かってもらえない!」という他の人に対するイライラは、最近は以前ほどには感じなくなりましたが。「努力が報われた」のか「分かってあげられるようになった」からか、それともひょっとして、実は「努力を放棄」しているからなのか、よく分からないですが(^^;
Commented by tokkey_0524zet at 2005-10-16 05:17
 「分かってあげようとする努力」は「分からせる努力」よりも実は難しい、と思います。

 私は未だに他者に対してイライラしっぱなしですがw。
Commented by heitaroh at 2007-03-03 15:36
私は、以前、友人諸氏と飲んでいるとき、「彼の奥さんはハウスマヌカンのねーちゃん(つまり、おしゃれだと言いたかったわけです)みたいだよな」と言おうとして、「彼の奥さんはファッションマッサージのねーちゃんみたいだよな」と言ってしまったことがあります。
一瞬にして、楽しかった座が静まり返ったことは言うまでもありません。
Commented by tokkey_0524zet at 2007-03-13 21:09
・・・それはまだ邪気の無い部類に入るんじゃないですかw。

私などは〝確信犯〟的にやってしまったりするので。(この場合の確信犯とは「自分が行う事は正しく、周囲(社会)こそが誤っていると信じ切っている」本来の意味ね。)