馬耳Tong Poo

sanaet0524.exblog.jp
ブログトップ

タグ:河井継之助 ( 4 ) タグの人気記事

ちょろっと長岡。

 所用で新潟県長岡市に行った帰りに半日だけ長岡を観光。

 長岡戦災資料館。
c0017651_15282680.jpg
 空襲直後の長岡市の写真や模型、焼夷弾で焦げた防空頭巾や当時の生活用品などが展示してあった。
 1945年8月9日に長崎に投下された原子爆弾「ファットマン」の模擬爆弾として長岡に投下された「パンプキン爆弾」の映像も。

It continues...
[PR]
by tokkey_0524zet | 2017-06-26 16:18 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
 12/27(火)に日本テレビ系で放映されたDORAMA COMPLEX「大型時代劇 河井継之助~駆け抜けた蒼龍」を見た。
 河井継之助について知りたい方はこちらを。

More
[PR]
by tokkey_0524zet | 2005-12-28 01:20 | TV番組(時代劇) | Trackback(6) | Comments(15)
c0017651_22583312.jpg
c0017651_22585657.jpg
c0017651_2301418.jpg

 ってパンフレットの類なんですがw。

お土産にはそのものズバリ「米百俵」という名前の酒を買って帰りました。さっぱりした辛口で美味しかったです。

時に、長岡市内の土産物店を覗いてみても河井継之助関連の絵ハガキが見当たらなかったのは何故なんでしょう。鹿児島の「尚古集成館」へ妹と行った時には西郷・大久保〝倒幕コンビ〟の絵ハガキはちゃんとあったのに。(でも近年の研究で、これまで「西郷」とされてきた肖像画は本人ではない可能性があるんだそうで。)

あった方が絶対買う人いると思うんですが。これ見てたら検討して下さいよ~、長岡市の観光協会の方。

 もし「それはアナタの見間違いだ!」「思い過ごしだ!」という方いらっしゃいましたらコメント下さい♪。お待ちしてます。

↓は河井継之助の写真。眼光がタダ者じゃないっす。(ちょっと中村雅俊入ってるかもw。)
c0017651_19192675.jpg

ネットランキングの方は、お陰様で現在この順位です。どぞヨロシク♪

↓アナタの一票を。
  ●人気ランキング●
[PR]
by tokkey_0524zet | 2005-03-21 23:06 | 旅行 | Trackback(1) | Comments(8)

底辺だ底辺だ~~~。

福岡・佐賀で震度6弱、1人死亡113人重軽傷 (読売新聞)

 長崎は福岡・佐賀に近いので、母と妹の携帯にかけてみたが「この地域は現在、地震のため電波が届きにくくなっております」との音声が。実家の回線電話の留守電に「そちらは大丈夫だった?」と吹き込んでおく。

帰宅後、私の留守電にメッセージが入っていて「こちらは大した事なかったが、福岡市内の親戚のマンションでは棚の上から物が落ちてきたりしてちょっとした被害があった」との事。

 九州にいた時は〝地震〟なるものが殆ど無くて、上京したばかりの頃はしょっちゅう揺れがあるので驚いたりしていた。「カルチャーショック」の一つだったかもw。


 実は昨年9月頭に長岡へ1泊2日の小旅行をしていて、約2ヵ月後に新潟中越地震。(これも一種の〝遭遇〟か?)

なんで長岡かとゆーと、幕末の長岡藩に「河井継之助」という人がいて(藩の筆頭家老にして軍事総督。戊辰戦争における中心人物)、彼に関する史跡を見に行きたかったので。(←歴史ヲタw。)

夜は市内で一番安いビジネスホテルに泊まった。宿泊料は3500円。長岡駅前にはホテルが乱立しているので、こういうディスカウント的な宿泊施設も時々あったりする。

駅前のダイエーで買った花束を持って継之助の墓(栄凉寺)に行く。自分には霊感の類は全く無いのだが、何か俄かには立ち去りがたい〝オーラ〟を感じ、しばらくそこに佇んで墓を眺めていたりした。

継之助の屋敷跡に行き、そのあとの「長岡市郷土資料館」では当時世界最強の新兵器『ガトリング砲』(複製)を拝む事が出来、「これだけでも来た甲斐があった!」と感涙にむせんだものである。(1分間に200発撃てる〝機関砲〟。当時日本には3門しか無かったのが、長岡藩はそのうち2門を持っていた。)

 NHK大河ドラマ「花神」で河井継之助の役を高橋英樹が演じていて、ガトリング砲を楽しそうに撃ちまくっていた姿が印象に残っている。(これもリアルタイムでは見てなくて、発売された総集編のビデオを購入した。)

市内に「山本五十六記念館」もあったので、ついでに足をのばしてみたり。(海軍大将、連合艦隊司令長官。)彼が大事にしていた日本人形に「真珠湾」(=ますみ)と名前を付けていたのを初めて知った。どんな思いで名付けたのだろうか。


長岡というのは史跡の宝庫で、戊辰戦争史上重要な古戦場やお寺が沢山あったんだけれども。なにせ市内はバスの便が悪く、一日や二日で全部回りきるのは到底無理。車が無いと。レンタカーを借りたかったのだがお金が足りなかった・・・(T_T)。

また機会があったら今度は車を使って訪れてみたい場所だと思っていたのだが。(「米百俵」は一時期何かと話題になったが、米百俵を売って国漢学校を建てた小林虎三郎って継之助の幼馴染みなんだよネ。)

この間行ったばかりなのに、あんな事になるとは思ってもみなかった。歩き回った風景が・・・!

私に駅から一番近いコンビニを教えてくれた沖縄物産専門店の兄ちゃん、元気かな?(TVに出て来た「コンビニのカメラで写した地震発生時の映像」って多分そこだと思うんだけど。因みにローソン。)

小千谷市に「慈眼寺」というお寺がある。

(河井継之助が官軍側の軍監・岩村精一郎と会談した所で、岩村がバカで河井の人物を見抜く事が出来ず会談は決裂。開戦に至る。・・・行きたかったな~。)

寺の門は地震で倒壊したんだけれども、本堂の方は無事残ってるそうで。専門家の話だとそういう古い建物ほど北国の積雪に耐えるよう作りがしっかりしていて、地震にも強いんだとか。

 だが今度の新潟中越地震で史跡の多くは甚大な被害を受けたという。いつかは復旧するんだろうけど、本当に元通りに〝復元〟されるんだろうか。被災された方々の生活と同様に。


ネットランキングの方は、お陰様で現在この順位です。どぞヨロシク♪

   ↓アナタの熱き一票を。
  ●人気ランキング●
[PR]
by tokkey_0524zet | 2005-03-20 21:46 | 時事問題 | Trackback(11) | Comments(14)

「馬耳東風」の心構えでいれば気が楽に♪。


by tokkey_0524zet