ブログトップ

馬耳Tong Poo

sanaet0524.exblog.jp

女に媚びる男は家畜だ。

カテゴリ:食生活( 23 )

 今住んでいる所に「二木の菓子」があって、たまたま通りかかったら「くまモンうまい棒」を見かけたので思わず購入。
c0017651_01061919.jpg
◆10円でできる熊本地震復興支援「くまモンうまい棒」誕生◆ 
やおきんは熊本地震の被災地復興を支援する目的とし、10円でも復興支援ができる「10援プロジェクト」企画として、「くまモンうまい棒」(税別10円)を6月24日に熊本県で先行発売を行い、7月11日から全国で発売を開始する。商品売上の一部は、熊本地震復興支援に寄付される。...
 熊本までボランティアに行く様な時間も経済力も無い自分ではあるが、せめて“食べて応援”してあげたいと思う。

  ↓気が向いたらどぞ。

[PR]
by tokkey_0524zet | 2017-08-01 01:35 | 食生活 | Trackback | Comments(0)
c0017651_02210109.jpg
 圧力鍋のフタを十分閉めきれてないまま加熱して米二合が焦げてしまい、初めて部屋に備え付けの火災報知機を鳴らしてしまった(T▽T;)。

 「火事です。火事です。」(音声案内)

 捨ててしまうのは勿体無いので全部食べる事にした(^^ゞ。

    ↓気が向いたらどぞ。
  
[PR]
by tokkey_0524zet | 2017-01-25 02:21 | 食生活 | Trackback | Comments(0)
 近所の松屋で噂の「クリームシチュー定食」(630円)を実施していたのでお昼に行ってみた。
c0017651_94058.jpg
 定食は胃もたれしそうだったので単品(430円)+サラダで頼んでみる。
 (因みに単品メニュー名は「鶏と白菜のクリーム煮」w。)

 鶏肉は大きくて柔らかくて美味しかったが、ルウは若干コンソメの味が濃くてこれはやっぱりご飯が要るなと。

 あと食後しばらくしてからジワジワ効いてくるニンニク^_^;。

   ↓気が向いたらどぞ。
  
[PR]
by tokkey_0524zet | 2016-12-12 09:36 | 食生活 | Trackback | Comments(0)
 仕事で行った先の駅構内で「佐賀物産展」をやっていたので帰りに覗いてみる。
c0017651_70329.jpg
 このパンフレットは結構な人気で翌日には無くなっていた。

 高遊外売茶翁(こうゆうがいばいさおう)と枝吉神陽(えだよししんよう)は知らなかったな~(^^ゞ。
 “佐賀の千利休”、“佐賀の吉田松陰”と言われていて枝吉神陽は副島種臣の実兄だそうだけども。

  徐福は諸星大二郎氏の漫画に「徐福伝説」という短編があって知っていた。

 「佐賀12賢人判定」をやってみたら結果は“KYキャラの江藤新平”w。

 
 江藤は明治維新期の佐賀藩の中では好きな人物だけど。
 「歳月」は面白かったが後味が悪かった。

 大村益次郎もそうなのだが“頭脳明晰でありながら要領が悪くて不器用な生き方しか出来なくて、それでも尚且つ後世に鮮烈な光彩を放ち続けている人物”に惹かれる。

続く...
[PR]
by tokkey_0524zet | 2014-11-25 13:50 | 食生活 | Trackback | Comments(24)
以前、私の故郷である広島県呉市の名物メロンパンを紹介したが、もうひとつ忘れてはならない名物が、「肉じゃが」である。帰省した際に訪れた大和ミュージアムのおみやげコーナーで、「肉じゃが物語」という商...
そもそも肉じゃがは、「海軍の父」と呼ばれ日露戦争でロシアのバルチック艦隊を撃沈した、あの東郷平八郎が考案したというのは有名な話。
その東郷が旧海軍の港がある呉に、参謀役として赴任していたことから、肉じゃが発祥の地というのが呉発祥説。

しかし、京都の舞鶴市にも鎮守府長官として赴任していたこともあり、こちらも「肉じゃが発祥」を宣言。呉と舞鶴という、旧海軍港間で“発祥の地”をめぐる論争が巻き起こってしまった。(Excite Bitコネタより)
 横須賀に住んでた頃三笠公園で「海軍フェスタ」があって呉と舞鶴の“肉じゃが対決”が繰り広げられていた。

 因みにむつの出店は“焼きホタテ”で佐世保は“佐世保バーガー”だった。横須賀は言わずと知れた“海軍カレー”。

 呉と舞鶴の“肉じゃが発祥地論争”は決着が付かないまま町おこしの為延々と続きそうw。

 まぁ美味しければそれでいいけど。

↓気が向いたらどぞ。

[PR]
by tokkey_0524zet | 2014-11-14 11:45 | 食生活 | Trackback | Comments(6)
 “炎の料理人”と呼ばれた横浜中華街出身の周富徳氏が誤嚥性肺炎により4月8日、71歳で亡くなっていた。

◆「永遠の目標だった」兄しのぶ富輝さん◆

 ひと頃は「料理の鉄人」「浅草橋ヤング洋品店」を始め様々なバラエティー番組に出演していてTVで見ない日は無いほどだったが脱税やセクハラ疑惑あたりから次第に見かけなくなっていた。

 ブームだった頃にその半生が「周富徳物語」として単発でドラマ化されていて、堂本光一ではなく元チェッカーズの高杢禎彦が主演だった方は記憶にある。

 有名料理店の採用選抜試験で、他の料理人が時間を目一杯使って豪華な料理を作ったのに対して時間ギリギリまで目を瞑って腕組みをして仁王立ちでじっと待ち、残り5分でシンプルだが出来たて熱々の炒飯を作って合格した場面が印象的だった。

 90年代半ばに金萬福氏と共著で出した料理本が手元にある。c0017651_16561191.jpg

 富徳氏と萬福氏が交互に自分のレシピを紹介してゆくという構成。c0017651_171999.jpg

继续的···
[PR]
by tokkey_0524zet | 2014-04-17 00:12 | 食生活 | Trackback | Comments(6)
 先日多臓器不全で亡くなった料理研究家の小林カツ代さんについて色々と読んでみた。

 以前住んでいた所の近所だった事もあって興味はあったので。(アシスタントに行っていた漫画家・とだ勝之さんと同じマンションに彼女が住んでいた。)
1994年、「料理の鉄人」で家庭料理の雄として登場。鉄人指名の際には「どなたでも結構です」(鉄人を相手にするのだから誰とやっても同じという理由で)と答えた。
驚いた鹿賀主宰だが、鹿賀は「女性に弱い」とレッテルを貼られていた陳建一を指名。終始、小林の独特のペース(テーマは「ジャガイモ」。「肉じゃが」を期待され、それに応える)で進んだ、異色の回であった。
小林の圧勝。のちに息子のケンタロウも陳と対戦するものの敗北している。(Wikipediaより)
 鉄人に勝った数少ない挑戦者。しかも「時間が余ったから」とちゃちゃっと予定よりもう一品多く作って7品も出している。
 ◆料理の鉄人・名勝負ベスト50◆で小林カツ代vs陳建一は第10位。

 因みにケンタロウvs陳建一の回は「新じゃが対決」で、ケンタロウは、

It continues...
[PR]
by tokkey_0524zet | 2014-02-05 11:32 | 食生活 | Trackback | Comments(6)
c0017651_193451.jpg
 誕生したのは2年前で、福生バーガーよりも歴史は浅いらしい。

 これも町おこしの一環で、ウィンナーは地元ハム会社の製品使用。

↓気が向いたらどぞ。

[PR]
by tokkey_0524zet | 2013-08-01 21:13 | 食生活 | Trackback | Comments(12)
 “福生名物”だと聞いたので、国道16号線沿い、米軍横田基地向かい側にある如何にもアメリカ~ンなお店に食べに行ってみる。
c0017651_3153077.jpg
 何でも「福生バーガー計画」というのがあって、

It continues...
[PR]
by tokkey_0524zet | 2013-07-05 03:39 | 食生活 | Trackback | Comments(10)
c0017651_11422956.jpg

 伊藤ハムのサイトから通知が来た。

 ゆるキャラで人気のハム係長のレシピ本。

続く~♫
[PR]
by tokkey_0524zet | 2013-01-18 11:50 | 食生活 | Trackback | Comments(4)