カテゴリ:大相撲( 5 )

稲川親方(元小結・普天王関)。

 大相撲夏場所(十二日目)を見ていて、幕内向正面の解説が稲川親方(元普天王関)だったのだが、語り口が軽妙で分かりやすくて好感が持てたのでTwitterで褒めたらなんとご本人にツイートを「いいね!」して貰った(◎o◎)。

 さすが元IT力士(゚∀゚)ノ 。

 2010年に発覚した「大相撲野球賭博問題」 に関わっていた事がきっかけで30歳の若さで引退してしまったが、やっぱりこの人好きだ。

  ↓気が向いたらどぞ。
  
[PR]
by tokkey_0524zet | 2017-05-26 13:14 | 大相撲 | Trackback | Comments(0)

ありがとう千代の富士。

◆元横綱千代の富士・九重親方が死去 がん転移で闘病◆

 北の湖に続いてまた“昭和の大横綱”が逝ってしまった(;ω;)。

 脱臼癖を克服するため1日500回の腕立て伏せをして肩の周りに筋肉を付けたという。全盛期の体脂肪率10%以下。
 あだ名は「ウルフ」

 「キン肉マン」のウルフマンのモデルでアニメでは自主規制でリキシマンになっていた。

 大関貴ノ花に勝って引退を決意させて、息子の貴花田(貴乃花)に負けて2日後に引退を決意。

 謹んでお悔やみ申し上げます。

 (宍戸開主演のドラマ「千代の冨士物語」再放送を熱烈希望。)

   ↓気が向いたらどぞ。
  
[PR]
by tokkey_0524zet | 2016-08-01 03:36 | 大相撲 | Trackback(2) | Comments(0)

大河ドラマ「義経」・第36回「源平無常」&凄いじゃないか普天王関。

  ↓は鎌倉・鶴岡八幡宮の流鏑馬(やぶさめ)神事。
c0017651_0553215.jpg
 「義経」は毎週見ているが今回は何だか平家滅亡までの〝総集編〟という感じで余り話に進展が無かった。まぁ衆院選の開票速報番組が押していたから仕方がないかな^^;。

 回想シーンに屋島の合戦で那須与一(今井翼)が扇の的を射る場面が出て来たが、あそこはCGに頼らずに実写でやって欲しかった。CGだと却って〝安っぽさ〟を感じてしまう(「武蔵」における巌流島の決闘と同様)。

 次回では安徳天皇が実は生きていて、壇ノ浦で三種の神器の一つ・宝剣と清盛の妻・時子(松坂慶子)と共に入水したのは身代わりの守貞親王だったという事実が発覚するのか。NHK大河ドラマには珍しい大胆なフィクションだ。

 良かったね~、小泉孝太郎(as平資盛)。自民党圧勝で。これで当分は俳優生命安泰だw。


 昨日は大相撲中継をTV観戦出来なくて帰宅して結果を知ったのだが驚いた。

◆朝青龍が新小結・普天王に完敗 魁皇、千代大海も土 大相撲秋場所初日◆

 普天王関よ、横綱に勝ってるではないかっっ。

 スポーツニュースで取組を見たが、朝青龍関に対して一歩も引かず力技で勝っている。先場所は10勝5敗で技能賞を獲得したが、横綱との一戦に関しては圧倒的な力の差を感じてしまい、縮めていくのには時間が掛かるかと思っていたのだがどうしてどうして。段違いの成長ぶり。

 2大関がぶざまな負け方を見せた後の波乱を、朝青龍と同じ今年25歳の日本人新小結が起こした。少しだが、時代の変化を予感させる会心の相撲だった。

 ご自身のブログで書いておられたが、衆院選選挙にもちゃんと行かれたんだそうで。場所中なのに感心した。

 成長している人を見るのは楽しい。(あ、自分も頑張って成長するっす(^^ゞ。)これからもブログともども見守ってゆこうと思う。

ネットランキングの方は、お陰様で現在こんな調子です。どぞヨロシク♪

   ↓相撲好きな方も時代劇好きな方もそうでない方も。
   ●ホームページランキング●
[PR]
by tokkey_0524zet | 2005-09-12 00:59 | 大相撲 | Trackback(22) | Comments(30)

関東地方でちょっと大きめの地震が起きて、普天王関は9勝目を挙げて、オールスターで全セが2勝した。

 今から飯なので、続きはこの後書くっす。でわ。

______________________________

 で、続き。

 揺れを感じたのは午後4時半ごろ、バイト先のスーパーの中。いきなりかなり大きな揺れが来たので、

「をおっっ!!!」

と咄嗟に床に身を伏せたのは店内を見渡しても私一人だけw。マジでヤバイと思ってしまったので^^;。

 震度4だったそうで。帰りの電車はダイヤ乱れまくりで、急行は時々走るものの各駅停車が全然来ず、やむなく急行の駅で降りて歩く事約30分。自宅の最寄り駅までようやく辿り着く。

道すがら「RCCプロ野球速報」へ携帯でかけてみる。大相撲の主な取り組みの結果も音声で流していたのだが・・・

普天王関は・・・「主な力士」ではないのか~~~?!

一番知りたかったのに・・・。

帰りついたのは午後8時30分頃で、部屋は棚から幾つか物が落ちていた。思ったより被害が大きくなかったので一安心。

プロ野球オールスター第二戦も大詰めで、ちょうど五十嵐投手が藤川投手へ交代したところ。(古田捕手のお姿は拝めず・・・残念。)
◆プロ野球オールスター戦結果 全セ5-3全パ◆


大相撲は、録画しておいたビデオで取り組みを見たら押し出しで勝って9勝目。(というより若の里関の足が出てしまった。あくまでも「攻めの姿勢」が勝ちに繋がったのだと思う。)
◆大相撲名古屋場所14日目 普天王○-●若の里◆

 普天王関は千秋楽の結果如何ではひょっとしたら三賞はおろか、来場所の新三役もいけるかも知れない。それぐらい上り調子な感じを受ける。ただ3日目の朝青龍関戦で、横綱との圧倒的な力の差を見せつけられたので、これから縮めていってくれるのを望む(高校時代に対戦した時は勝ったのに)。

これからは場所中だけではなくて、オフシーズンにもブログを覗いてあげよう♪。相撲を離れた関取の素顔にも魅力を感じているので。ブログと土俵上の凛々しい表情の違いがまた何ともいい。

 表情の違いと言えば、古田選手会長も。

◆古田会長強硬リード…球団側と再び“全面対決”宣言◆
c0017651_2392075.jpg

 22日、都内のホテルで開かれた選手会総会で、参加した選手からNPBへの批判が相次いだ。
 争点は二つ。第一は大リーグ機構(MLB)が中心になって推し進めているワールドベースボールクラシック(WBC)への参加問題。来年3月の開催に向けて準備が進められているが、選手会は「3月の開催では調整が難しい。MLBの利益が優先されている」として、「現段階では参加できない」と決議した。

 強硬論の背景には、選手会独自の交渉ルートがあるからという。今後は、オーナー側交渉団の成り行きを見守りながら、問題解決の道を探ることになる。

 「オリンピックから野球が外されて、世界大会の開催は非常に大切。意味のある大会にしなければならない。時期としては、サッカーのW杯が終わったあとの7月から8月ぐらいにできればいいと思う。運営面でもFIFAのような世界的な組織が必要。不十分な代表では大会の価値を落としてしまう」(古田会長)

 第二は昨年から懸案だった構造改革。19日のオーナー会議で自由獲得枠を「1」とする新ドラフト案が承認されたが、完全ウエーバー制の導入を求める選手会はこれを不服とし、8月の構造改革協議会で対案を出す。

「不正の温床になるシステムはなくすべき。監視機関や罰則もしっかり作らないといけない。オーナー会議の決定がすべてではない。昨年から構造改革協議会で決めると約束していますから、われわれの意見は主張していきます」と古田会長。このほか、セ・パ両リーグによるプレーオフ制度なども提案する。


選手会長・・・ブログではあんなにひょうきんな事ばかり書いているのに・・・その上オールスターにも選手として出場してるのに、その上・・・。

本当に凄い人だ。頭が下がる。

 どーだい、ちゃんと3つのお題が繋がってるだろ~♪。(ってこの構成力を漫画にも生かせれば・・・w。)

ネットランキングの方は、お陰様で現在この順位です。どぞヨロシク♪

   ↓野球&相撲好きな方もそうでない方も。
   ●ホームページランキング●
[PR]
by tokkey_0524zet | 2005-07-23 22:14 | 大相撲 | Trackback(19) | Comments(18)

やったね、普天王関。

 舞の海関が引退して以来久しく遠ざかっていたのが、今数年ぶりに気合いを入れて大相撲中継を観ている。

理由は西前頭3枚目・普天王関のブログ現役力士「普天王」どすこい大相撲日記を覗く様になったから。
c0017651_22513751.jpg

相撲部屋のHPは沢山あるが、力士本人が自分の言葉で日々を綴ったブログというのは恐らくこれが初めてなんじゃなかろうか。

相撲に対する真摯な姿勢もさる事ながら、相撲以外の日常の記事にも御本人のお茶目な性格、気さくな人柄が滲み出ていてこれまでは〝テレビの向こう側の人〟であった「相撲取り」が身近に感じられる様になった。考えてる事は、普通の20代の男の子なんだなぁなんて。とにかく文体が可愛いんである。

 みたいな。

 みたいな。
とか。

顔文字も使うし。m(__)mとか。

「相撲を知らない人にも知って貰う為に始めた」そうだが、やはり内容に魅力があるからこそ人を惹きつける事が出来るのだろう。アメーバブログ・スポーツ部門ランキング1位の座を維持し続けているというのも頷ける。
(※注:最近アメブロの公式ブログ化された。)

 でも関取がPCの前で、巨体をかがめてキーボードを叩いている姿を想像するとちょっと微笑ましい^^。

 今日は大関・千代大海戦、寄り切りで2勝3敗。相手のまわしを最後まで離さなかったのが勝ちに繋がった。
◆大相撲5日目 朝青龍5連勝、魁皇は1敗守る・千代大海は初顔の普天王に完敗◆

これで対大関戦2連勝。(今日もサイバーエージェンシー-アメブロの会社-の懸賞は付いたんだろうか・・・。)

解説の舞の海も(出羽海部屋の先輩♪)「場所前のけいこ総見を見ると、当たりは先場所よりも良くなってきている」と言ってたし。

 先場所はブログ効果で敢闘賞。色々な意味での「革命児」になってくれそう。(時々やっかみ誹謗中傷めいたコメントも書き込まれてたりするけど、これも人気ブログの宿命か。)

 革命ついでに、四股名をfutenouにしてみても面白いかも。

〝異色のIT力士〟、明日は栃東関を撃破じゃ~~~。

  ↓気が向いたらどぞ。
  
[PR]
by tokkey_0524zet | 2005-07-14 22:53 | 大相撲 | Trackback(5) | Comments(15)