ブログトップ

馬耳Tong Poo

sanaet0524.exblog.jp

女に媚びる男は家畜だ。

長岡での〝思い出の品々〟。

c0017651_22583312.jpg
c0017651_22585657.jpg
c0017651_2301418.jpg

 ってパンフレットの類なんですがw。

お土産にはそのものズバリ「米百俵」という名前の酒を買って帰りました。さっぱりした辛口で美味しかったです。

時に、長岡市内の土産物店を覗いてみても河井継之助関連の絵ハガキが見当たらなかったのは何故なんでしょう。鹿児島の「尚古集成館」へ妹と行った時には西郷・大久保〝倒幕コンビ〟の絵ハガキはちゃんとあったのに。(でも近年の研究で、これまで「西郷」とされてきた肖像画は本人ではない可能性があるんだそうで。)

あった方が絶対買う人いると思うんですが。これ見てたら検討して下さいよ~、長岡市の観光協会の方。

 もし「それはアナタの見間違いだ!」「思い過ごしだ!」という方いらっしゃいましたらコメント下さい♪。お待ちしてます。

↓は河井継之助の写真。眼光がタダ者じゃないっす。(ちょっと中村雅俊入ってるかもw。)
c0017651_19192675.jpg

ネットランキングの方は、お陰様で現在この順位です。どぞヨロシク♪

↓アナタの一票を。
  ●人気ランキング●
[PR]
by tokkey_0524zet | 2005-03-21 23:06 | 旅行 | Trackback(1) | Comments(8)
トラックバックURL : http://sanaet0524.exblog.jp/tb/1208232
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 平太郎独白録 親愛なるア.. at 2007-10-31 11:35
タイトル : 越後路顛末記 長岡編 その2
親愛なるアッティクスへ 昨日続きです。 実は、長岡に来るのは二度目だったのですが、前回来たときにはなかった河井継之助記念館なるものも出来ており、折角だからと、そこへ向かうべく、タクシーに乗り込んだのですが、行き先を聞いて、年配の運転手さんが、「河井継之助は、昔は、土地の老人などはあまり良くは言わなかったんですけどねぇ・・・」としみじみと述懐されました。 このことは、私も、河井継之助という人は、「無謀な戦争を起こし、地元に甚大な被害をもたらした愚かな指導者」として、その墓を鞭打つ人が絶えな...... more
Commented by 枇杷 at 2005-03-21 23:58 x
長岡の者ですが、郷土が誇る幕末以来の志士に惚れていただけて嬉しいです。長岡は8月1~3日の長岡まつり以外はあんまり観光客というのは聞かないですけども、まさかそのためだけにですか?
あ、そうそう…市内で美術商やっている親戚おりますが、修復の価値あるか?と持ち込まれた書の中に山本五十六の直筆鑑定が出た代物があったそうです。今回の震災で文化財級のものがしまわれていたのが破損してないか、というのもそうですが、また新たに出てこないか、という妙な期待もかかっているみたいです。
Commented by tokkey_0524zet at 2005-03-22 00:35
はい♪その為だけに長岡へ行きました(きっぱり)。

>山本五十六の直筆鑑定が出た代物
 なるほど・・・「開運なんでも鑑定団」じゃないですけど。そういう形で見つかるパターンもあるんですね。

今、復旧はどれぐらい進んでいるのでしょうか。コンビニで宅急便のコーナーを見ると「新潟方面は雪のため配達が遅れる場合がある」と書いてありました。被災者の方々が寒い思いをしておられなければ良いのですが。
Commented by urethritis at 2005-03-22 22:42
河井継之助殿は41~2歳で生涯を閉じている。しかししかし、その中身は濃いとみた。。。読書予定リストに入れときます。司馬さんの「峠」あたりからでしょうか?
Commented by tokkey_0524zet at 2005-03-23 08:59
河井の生涯は、中年になってからの数年間が濃ゆい濃ゆい。

予行演習で短編小説から入ってみてもいいかも知れませんね。(「峠」は結構ページ数ありますよ。面白いけど。)

「英雄児」は「王城の護衛者」(講談社文庫)「馬上少年過ぐ」(新潮文庫)に収められています。
Commented by tsc-edotyuu at 2005-04-14 20:07
私事ですが、 これ向かいのオッサンそっくりで 家人共々笑っちゃいました。  失礼! 河井継之助本当は偉人なんですよね。
Commented by tokkey_0524zet at 2005-04-14 20:20
・・・偉人と言えるかどうかは評価の分かれるところなんですが。多数の藩士や罪もない町人達を死地に追いやり長岡を焦土にした責任はこの人にあるんですよね。でも大赤字だった藩の財政を立て直したのはひとえに彼の手腕によるものですし。

「英雄児」か「疫病神」か。
Commented by tsc-edotyuu at 2005-04-14 22:31
そうなんですか。やはり高橋英樹主演の河井継之助TVを観たことがあって、美化されてたのかもしれませんね。反省!
Commented by tokkey_0524zet at 2005-04-15 02:26
正しいのかどうかは別として、私は好きですけどね^^。