一人暮らしの恐怖。

 昨夜11時過ぎ、明日は早いのでゴミを出しておこうとドアを開けると、部屋の真ん前に20代後半から30代前半ぐらいのコートを着た男が右手にコーヒー缶を持ってつっ立っていたのでちょっとビビった。

慌ててドアを閉めるとその男がノックしてきて、「何ですか?!」と開けると「すいません、隣の部屋の男性の方なんですけど、ここ数日出たり入ったりしてる様子は分かりませんか?私は会社の者なんですが連絡が取れないんですよ。」

私「さぁ・・・私にはどうも。」
男「表の看板がここの不動産屋さんですか?」
私「今アパートの持ち主が替わっているので鍵を持っているかどうかは分かりませんが、電話番号は知ってると思いますよ。」

ややあって隣のドアをドンドン叩く音が聞こえ、どうにか中の人間と会えた様で話し声が聞こえてきた。思わず見ていたTVを消して聞き耳を立てるw。全部は聞き取れなくて、肉体的なものか精神的なものかは分からないが現在会社に行ける状態ではないそうで。(三度の食事はちゃんと摂っていると自分で言っていた。)

 10年ほど前、都内で一人暮らしをしていた叔父が急性心不全で亡くなった。享年46歳。会社からマンションに何度電話しても出ず、3日経っても何の音沙汰も無いので不審に思った同僚が訪ねて行って、大家さんにマスターキーを借りてドアを開けてみるとコタツに入ったまま息絶えている叔父の姿が。

通夜は即日行われたが、発見が遅れた事もあり遺体には〝死斑〟が出始めていて途中から棺には布がかけられていた。

 一人暮らしなので、叔父の様な形の死は他人事ではない。倒れて人事不省にでもなったらお終いだなぁ。特に私の場合は叔父と違って会社通いをしている訳ではないので、数日連絡が取れなくても当面は困る人っていないし、よっぽど死体が腐乱でもしない限り周りには気付かれないだろうな。少なくとも1ヶ月以上経てば家賃が支払われていない事から振込先がまず不審に思うだろうけど。

 ・・・やっぱり、今この状態で死ぬのは嫌じゃ~。色々な意味で。

 では寝る。おやすみ~~~。

ネットランキングの方は、お陰様で現在この順位です。どぞヨロシク♪

↓アナタの一票を。
  ●人気ランキング●
[PR]
トラックバックURL : http://sanaet0524.exblog.jp/tb/1077929
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by tokkey_0524zet | 2005-03-12 00:36 | 日記的なもの | Trackback | Comments(0)

売った恩は忘れろ。売られた恩は忘れるな。だけど恩着せがましい奴は死ね!!!


by tokkey_0524zet